分譲賃貸マンションの特徴とメリット

マンションには分譲と賃貸があります。
分譲は購入して所有しますが、賃貸は賃料を払って借りるだけです。
この他にも分譲賃貸マンションというのがあります。
これには大きく3つのタイプがあります。
分譲として購入したのに、転勤などで住めなくなったために貸し出すタイプ。
このタイプを借りると、一般の賃貸用に比べてメリットがあります。
分譲用に造られているので隣室との防音対策がしっかりとされており、造りも頑丈になっているのです。
また別のタイプとして、分譲マンションの中に最初から賃貸用の部屋が用意してある場合です。
そして分譲目的に造られたのに、売れ行きが良くないので賃貸にしたケースです。
いずれの場合でも分譲用に造られているので、賃貸用に比べるとメリットがあります。